M2Mソリューションのキャセイ・トライテック
CTS-001: IoT温度監視システム


本システムの目的

温度センサーと移動通信デバイス+クラウド
サーバで、輸送や保管時の温度管理ミスに
よるワクチン廃棄等を防ぐ。


本システムの特徴

一定時間(30秒)ごとに新型コロナワクチン
冷凍庫内の温度をサーバに上げて、 警報設定
温度(例:ー65℃)を超えたとき、自動的に関係者
へ警報メールを発報。


紹介記事一覧

■ ザインエレクトロニクス社ニュースリリース
■ キャセイ・トライテック社ニュースリリース
■ 日本経済新聞 2021年6月3日記事

導入事例:新型コロナワクチン冷凍庫IoT温度監視システム(いすみ医療センター様)