M2Mソリューションのキャセイ・トライテック

創業20年を迎え、これからの20年に向かう

1995年元日、小船が大海原に出るが如く、キャセイ・トライテックはネットワーク&モバイル通信関連のソフトウェア開発と中国ビジネスコンサルタントの先駆け企業として航海を開始しました。

それから20年、キャセイは、時に順風満帆のなかを進み、時に嵐のなかで翻弄されることもありましたが、常にチャレンジする心でモバイル通信という大海を航海しつづけ、その間、キャセイの航海日誌には、様々な経験とスキル、失敗と成功を刻んでまいりました。

昨今は、ICT技術の進化とモバイル・ネッ トワーク網の普及によって、あらゆるモノがインターネットにつながる(IoT)時代を迎え、多様なセンサーやデバイスを活用したネットワークの活用が広がっております。

この新しい時代を牽引する第三のプラットフォーム(M2Mデバイス、クラウド、ビッグデータ)市場において、創業満20年を迎えたキャセイは日本に本社を構え、中国の深センと上海に開発センターのフォーメーションにて、時代の変化に対応しながら培ってきた技術開発力、日中ICT企業とのネットワーク力を活用し、従来のソフトウェア受託開発事業だけでなく、M2Mデバイス&ソリューション、ワイヤレス・ソリューション、モバイル端末の3つの柱を核としたソリューションプロバイダーとして、顧客様からの要望にいち早く応え、提案してまいる顧客提供価値を提案していく事をお約束いたします。

 

キャセイ・トライテック株式会社

代表取締役社長  中原  隆志